読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスエンジニアの未来はあるのか〜仕事編〜

フリーランスエンジニア兼、ブログ運営者のよしです。

 
 
今回はフリーランサーになった後の将来性について、危険性対策について紹介していきます。
すでにフリーランサーの方でも将来を考えていない人がいたら、一度立ち止まって考えてみてください。
 

 フリーランサーは目的ではない

みなさまは何のために”働く”のでしょうか。やりたい事がある、お金が欲しい、生活するため、将来のため、などが大雑把ではありますが挙がるとおもいます。
 
 
何が言いたいかというと、”働く”という事が目的ではなく、”働く”事で何かをする・得るのが”働く”理由になります。当たり前のよう感じるかもしれませんが、社会人経験が長くなればなるほど、働く理由・目的を見失います。
 
 
会社に勤めている人からすれば会社の仕事を処理することが”働く”にあたりますが、フリーランサーの場合、自身が契約して持っている案件が”働く”にあたります。
 
 
フリーランスとして”働く”事は目的ではないため、自分がなぜ”働く”のか明確に理解しておきましょう。
(…そろそろゲシュタルト崩壊)
 
明確になっている事で理由・目的のために努力できるし、目標を見失って過ちを犯すことがなくなります。
目的を見失ったまま過度なストレスを感じ続けると過去の僕のように鬱になります笑
 
 

仕事が減る!?

アプリケーション作成にあたる、開発エンジニアの仕事で言えば減ります
 
 
人工知能(AI)の発達や深層学習(ディープラーニング)、ロボットの進化により多くの仕事がなくなると言われています。アプリケーション開発も例外ではなく、人工知能(AI)と深層学習(ディープラーニング)の組み合わせによって、人の脳で考えるよりも効率的で無駄のない開発ができるようになるでしょう。
 
 
ただ、ここ数年以内にそのようなことが起こるか、と聞かれても”そんなことはない”と断言します。それは何故か
 
 
物事の間には何か変化があります。地震で言えば余震にあたり、人の成長であれば成長痛等です。今の状態から完全に仕事がなくなる前には、"人工知能(AI) を扱う”・”深層学習(ディープラーニング)を扱う”何かが必ずあります。
 
 
もしあなたが将来について考えず、今だけをみて行動していたり、業界の変化を知りに行くことをしなければ、10年後にはどうなっているのでしょうかね…
 
 

脱出口は1つじゃない!

もし数学・算数のように答えが1つしかないと考えているなら、それは残念ながら誤った認識です。
 
 
成功パターンや、成功する確率の高いパターンはあるでしょうが、人生は数学・算数ではないので考え直しましょう。もしそのまま硬い頭をしていると、嫌われる上司・先輩として名前が残るでしょう笑
 
 
仕事が減るという点においてどんな脱出口があるか、すべてを挙げることはできませんし、挙げたものが100%正しいとは断言できませんが、いくつか挙げると以下でしょう。
・個性がある
・濃度が高い
・多様性に富んでいる
 
実は挙げた3つというのは現在もすでに求められていることであり、これからも求められることになります。市場において、ブルーオーシャンレッドオーシャンという言葉があります。このレッドオーシャンのビジネスでは必須になるので、いかに特別感を出して行くのか努力が必要です。
 

個性がある

今の時代、調べれば誰でも同じようなことができます。その中であなたであれば どんなメリットがあるのか を作ることができたらとても強いですね。

 

濃度が高い

濃度の高さについては、同じモノを知っている人でも、単純に1しか知らない人と100知っている人では当然100知っている人を使います。濃度は高くしていきましょう。

 

多様性に富んでいる

特定の一つのことで濃度を上げようと思っても、それ以上に人生経験の差などにより超えられない壁を感じることがあります。これを超えるには”多様性”を武器にするしかありません。
 
例えば、“ある物事A”に対して100知っている人がいるとします。その人に”ある物事A”に対して聞くと何でも返事が来るかもしれません。でも、ある物事Aと別のある物事Bを組み合わせた結果はきっと分かりません。
 
この時、あなたが A と B について、50ずつ知っていた場合、A の物事と B の物事を複合して考え、結果を導き出すことができます。
 
 

オリジナリティが将来の力

フリーランスエンジニアとして未来があるのか、それはレッドオーシャンビジネスの中で、いかにオリジナリティを出して行くか・作って行くかが重要です。
 
 
「守・破・離」という言葉がある通り、いきなりオリジナリティを出すのは事故の原因です。なので、まずは基本を忠実に守り、自分の型を形成していき、最終的には自分だけの型・オリジナリティを出していきましょう。そしてこの先何年・何十年も続けて行くと決めている人は日々努力を惜しまないように。
 
 
「何十年も続けたくない!」という方、世の中にはいろんなビジネスがあります。フリーランスはその中のたった一つです。会社に勤めて会社員になるというのもその一つです。まずは自分にあったビジネスを探してみるのが一番です。もし興味があれば僕が今だけ紹介できるビジネスがあり紹介するのでお問い合わせフォームよりご連絡ください。