読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたにもオススメフリーランス

フリーランス挑戦記

今回、僕が何故フリーランスになろうと思ったのか、フリーランスで何をやっているのか、どうやったらなれるのか…等々紹介していきます。

 

 

そもそもの話ですが、フリーランスってよく聞くけど、意味を理解されてますか。

僕自身、聞いたことはあったけど、実際調べたり、考えたりしたことがなかったので、今回一緒に、簡単に紹介してます。"本当に簡単に"です笑

目次 

 

 

 

フリーランスとは?

一言で説明すると、独立した人を指してます。

 

 

"独立"というのは、会社とかの組織・団体に属さず、個人の能力を使って事業・ビジネスをするという事になります。 …え?知ってた?、簡単過ぎ? 最初に伝えた通り"本当に簡単に"です← 期待していた方、申し訳ございません。。。

 

 

エンジニアとは?

"技術者"というのが一般的です。車のエンジニア、システムのエンジニア等、最近では良く聞く言葉だと思います。

 

 

フリーランスエンジニアとは?

独立した技術者者です!そのまんまです笑

 

 

ただ、エンジニアには色んな種類があり、その中でも Java という機械言語の一つを使って、スマートフォン(スマホ)・iPhone のアプリケーションを作成するエンジニアになります。 みなさんが良く手にしている端末のゲームや勉強、仕事の効率化をしているアプリを作る事でビジネスをしているのが僕です。

 

 

何故フリーランスエンジニアになろうと思ったのか?

これは僕が社会人の時に感じていた不満のほとんどを解消できるのがフリーランスだったから、というのが答えになります。

 

具体的には3つあります。

---------------------------------------------

1.時間の融通がきく

2.収入アップが簡単

3.フリーランス契約を結んでくれる人脈があった

4.ストレス極小

---------------------------------------------

 

それぞれ細かく紹介していきます。

 

 

1.時間の融通が聞く

SE をやっている方、会社でプログラミングしている方、もし近くにいたら聞いてみてください。

 

「今って完全週休2日制?」「お休みあるの?」

 

僕の経験、友人に確認すると、相当しっかりと仕組みが作られている場所でなければ、「ない」あるいは「暇な時は休める」という回答になります。

 

 

何故忙しいのか、システムというのは機械(マシーン)です。機械(マシーン)というのはいつ故障するか分かりません。 故障するタイミングが朝かもしれいないしお昼食べてる時かもしれません。最悪、終電がなくなった深夜に発生する事もあります。

 

 

故障内容にもよりますが、故障の原因が分からない・治らない故障によっては、3徹することもあります。 企業のシステムで故障した時、いかに早く復旧できるかによって、企業のイメージや今後の仕事への影響が変わります。

 

大規模な自然災害や火災などでシステムがすべてダウンしてしまった場合、1週間復旧に時間が掛かると、ほとんどの会社が倒産するというデータもある程です。

 

 

私は運がよく、以前出張していた時には問題が発生した事はないのですが、ヘルプデスクという故障時にお問い合わせする窓口で働いている時には、 ブログのタイトルにもある残業100時間オーバーを何度も経験しています。

 

具体的には「朝 8:00 に出社、24時に退社」という 1日に2日分 にあたる労働時間を週5日繰り返しやっていて、今考えると「よく出来たな」と思います笑

 

ちなみに、会社は完全週休2日制ですが、土日はお客様からの返信がない貴重な日なので、仕事をすることも多々ありました。

 

 

彼女や奥様、友人と遊びに出かける時、金曜日に1日お休みを取って1泊2日にすると、比較的人が少ないタイミングで遊びに行けると思いますが、僕の過去の状態では1日休みを取るのが大変で、休む時には自分が担当している仕事を他のメンバーに引き継ぎする必要があり、 その引き継ぎを作成する時刻に時間が取られたり一苦労でした。

 

 

ではフリーランスになるとどうなるのか、、、独立しているので、スケジュールは個人で決められます。仕事を終わらせる期限"納期"というものはありますが、早く終わらせて納期に提出したり、しっかりとした計画を作る事で時間に余裕を作る事が出来ます。 「魅力的に見えるか」は人によるかもしれませんが、週3日間仕事して、手取りで月額30万円 貰えるような仕事は多くあります。

 

例えばこのような案件を2つ持ったら、週6日働く事になるかもしれませんが、「手取り月額60万円」という点に惹かれる人はいるかもしれませんね!

 

 

僕の場合は時間に融通をきかせて、色んなビジネスを触れていきたいと考えているので、 今充分に生活できる且つ時間に余裕のある 週3日間、手取り月額30万円が非常に魅力ポイントです。

 

 

2.収入アップが簡単

「時間の融通がきく」という点にも挙げたのですが、自分のスケジュール管理タスク処理能力次第では、複数の案件を並行して行う事が出来ます。

 

この場合、1案件いくら という金額になる為、パズルのように上手く隙間を使っていくことで、収入を2倍にも3倍にも増やすことができます。

 

 

「半年後、海外で豪遊する為にお金を貯める」という目標があったとしたら、それまでは120%ぐらいの力を出せば 3ヶ月頑張るだけでも目標値に到達出来ます。

 

 

3.フリーランス契約を結んでくれる人脈があった

フリーランスで怖いところとは、仕事がない事です。一見楽して稼げる!と思われがちですが、仕事を得る事、あるいは仕事をくれる契約をする必要が有ります。

 

 

 

フリーランサー向けの案件案内サイト等もあるので、そこで実績を増やす事や、進んで案件を取りに行くという事を最初にやっていけば良いと思います。

 

 

フリーランサー同士で紹介し合うという事も可能なので、フリーランサー仲間を作っておく事も大切です。

 

 

4.ストレス極小

嫌な仕事はしなくて良い!これが一番笑 人によってストレスを感じるポイントは違うと思います。あの人と仕事をするのは嫌だ、自由な時間がない、仕事場が嫌だ、自由に遊べるお金がない…等々。


上述した1〜3の通り、フリーランスではそれらすべての問題に対して、高確率で改善できる可能性があり、きっと人生が変わります。



どうやったらフリーランスエンジニアになれるのか?

軽く「やってみたいなー」というレベルであれば、副業という形で単発の案件をやってみては良いかもしれないが、ちゃんと稼ぐためにやりたいという事であれば、今働いている会社を辞めよう
 
 
もしあなたが本気でフリーランスになりたい、あるいはなりたいがその一歩が踏み込めないのであれば是非ともご相談ください。いくつかの質問をしたのち、あっているかどうか、不安要素があるなら代変案等も含め背中を押させて頂きます。
 
 
自身でやられるなら、フリーランス向け案件紹介サイトがあるので、”フリーランス" “案件” 等のキーワードで調べればきっと見つかります。
 
 
やろうと思えばすぐにできる!!